ABOUT Qbi Qbiとは

プログラミング思考・想像力を育む

Qbiは子どもの創造力、論理的思考能力などあらゆる能力を育む知育おもちゃです。子どもの自由な発想を大切にしながら、親子や子どもたち同士でコミュニケーションが生まれるようにデザインされています。
レールブロックを自由に組み合わせて、車を走らせるルートを考えていくおもちゃです。仕組み自体は単純で小さなお子様でも理解しやすい玩具です。
チャレンジカードを使用したパズル要素や競技性があり、お子様に長く遊んで頂けるおもちゃとなっています。一人遊びはもちろん、お友達と協力したり競い合うことでコミュニケーション能力を身につけることができます。
開発メンバーのほとんどが子供を持つ親です。親の視点で知育に適した仕組みや安全性に注意を払って開発しました。

HOW TO PLAY
遊び方

STEP.01考える

ブロックの6つの面にあるレール(直線、カーブ、交差点など)を組み合わせて、100通り以上のコースを作ることが可能です。まずはどんなコースを作りたいか、考えてみましょう!

STEP.02組み立てる

パワフルな磁石を内蔵しているため、小さなお子様にも簡単に遊んでいただけます。レイアウトが崩れてしまうこともありません。 Kidsシリーズでは8つ、Preschoolシリーズなら6つ、空中でのブロックの接続も可能です。
※ブロックからの磁石漏れを防ぐための独自のチェックをメーカー・販売店共に実施済。Kidsシリーズは日本のST認証を取得しています。

STEP.03試す

自分で作ったコースに車を走らせる感覚がやみつきに!マグネットブロックなので、組み合わせや取り外しも簡単。どの面同士も簡単にくっつけて試行錯誤し、コースを組み変えることができます。

コントロールカーの操作方法

車の後輪に回転をかけて走らせることができます。前に向かって勢いよく助走をつけることで、内部のギアが一定の間動き続けます。速さを自分でコントロールできるため、ゆっくりとカーブを曲がったり、スピードを付けて坂道を上らせることも可能に!3歳以上〜対象のClassic・Kidsシリーズに付属しています。

プルバックカーの操作方法

手で車を後ろに強く引くと、前に走り出します。環境のことを考え、電池は使用していません。繰り返し遊ぶことで、子供の手や指先の訓練と発達の手助けにも繋がります。2〜4歳頃対象のPrescoolシリーズに付属しています。

STEP.04直す

思った通りに車が走らない場合は、ブロックがズレていないか、レールは合っているかチェックしてみましょう!子ども達はブロックを直したり微調整を加えたりしながら、どうしたら思い通りに走るか?という問題解決のプロセスに自然に取り組むことができます。

2歳から小学生ごろまで
長く遊べる玩具

Qbi すべてのシリーズは、組み合わせが可能!それぞれの年齢に特化した
セットアイテムと組み合わせて、コースをレベルアップしましょう!

NURTURE
育まれる力

想像力創造力

レイアウトは無限大!Qbiはコースを作るだけではなく、ロボットのように組み立てたりすることもできます。無限の可能性が子どもの想像力のリミッターを外してくれます。自由に遊びながら、豊かな想像力と創造力を育むことができます。

プログラミング思考力

QbiはアメリカのSTEM組織から認証を取得した「STEM教育おもちゃ」。遊びながら、子どもたちの将来の基盤となる理数系能力を育みます。
自分だけのコースを作り、自分の思った通りに車を走らせるにはどうしたらいいのか?を考えていくことで、考える力が鍛えられます!考える、組み立てる、試す、直すの4つのステップを通じて、プログラミング思考が自然と身につきます。
レールの位置を考えながら組み立て、自分の思った通りに車を走らせると大きな達成感を味わうことができます!子どもの自信がぐんぐん育ち「自分で考える」力も促進。

コミュニケーション

パパやママ、兄弟や友達と一緒に試行錯誤しながら遊ぶことで、コミュニケーション力が育まれます。
複数人で協力して、アイデアを出し合って工夫しながらレイアウトを作ることで、それぞれの独創性が育ち、協調性も身に付きます。

担当者のイチオシブランド

QBI
giofix