COLUMNコラム

知育玩具・おもちゃのセレクトショップ ENGAGING-TOYS > 知育コラム > 子どもの心を成長させてくれるおもちゃの選び方とは?
2020.08.30

子どもの心を成長させてくれるおもちゃの選び方とは?

子どもの心を成長させてくれるおもちゃの選び方とは?

シンプルなおもちゃと流行りもののおもちゃ

ENGAGING TOYS・古平の古平です。皆さんはお子さんにおもちゃを買い与える時、どのように選んでいますか?選ぶ基準のようなものはあるでしょうか。今回は、「おもちゃの選び方」について少し考えてみたいと思います。

※ENGAGING TOYS・古平とは?
株式会社ジオジャパン トイ部門のスタッフ。30代。共働き家庭で、2人の男の子の母親。

自宅や外での遊び、保育園・幼稚園での遊びを振り返ってみると、実際によく遊ばれているおもちゃが見えてきます。子どもは外遊びではボールを蹴ったり、虫取り網を振り回すことに夢中になっていますし、保育園ではシンプルな積み木やブロックといったおもちゃが人気です。

動いたり、音が出たりするキャラクターものや、複雑な電子おもちゃを与えることもあると思いますが、そういったおもちゃは遊び方が決まっていたり、工夫して遊ぶということがしにくい面もあります。そのためボールやブロックといった単純なおもちゃと比べると、やや子どもの遊びが受動的になり、自発性が育ちにくいようにも感じています。

物に対する愛着を育てる

また壊れてしまった時に修理するということも、機械が含まれるおもちゃでは難しい場合があります。メーカーに連絡して修理してもらうのも手間ですので、そのままにしてまた新しいものを購入することもあるのではないでしょうか。(キャラクターものであれば、次々と新作が出てきますし…。)

その点、積み木やブロックという形がシンプルなおもちゃは何とか家族で修理することもできたりして、物に対する愛着や、おもちゃを大切にするという心を育てるという面が期待できます。

心の栄養源となってくれるおもちゃを考える

誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントには、やはり本人が欲しいと思うものをあげたい、と考えて選びはじめます。しかし子どもはまだ、自分の能力や精神を豊かにしてくれるおもちゃを取捨選択することができません。その点では、親が手助けしてあげる必要があると思います。

我が家の例ですが、祖父・祖母からのプレゼントは子供が欲しがる流行りものを、親からのプレゼントは親が考えて与える、というようにしています。

子どもが欲しがる流行り物のキャラクター商品や、電子おもちゃを与えないほうがいいわけではありません。しかしそれらは砂糖菓子のような存在だと考えた方が良いでしょう。
飽きられたおもちゃで部屋をいっぱいにしてしまうような環境は、甘いおやつばかり与えるようなもので、子どもの可能性を埋もれさせることにもなりかねません。

白いご飯や野菜のように、子どもがすぐ飛びつきはしないけれども、心の栄養源となってくれるおもちゃ、子どもの成長に役立つおもちゃは何だろう、と考えて選んでいくことが大切なのではないでしょうか。

関連記事

PICK UP